読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RPGツクール公式ブログ

RPGツクールの公式情報をお伝えします

RPGツクールMV アップデートVer.1.3.1配信開始

アップデート

*****************************************

<お詫びと訂正>

8月22日~23日にかけて公開しておりましたRPGツクールMV体験版ならびにアップデータに関しまして、一部素材フォルダが不足していたことが判明いたしました。大変申し訳ございません。

現在は修正されておりますので、該当期間中にダウンロードされた方は、お手数ですが再ダウンロードをお願い致します。

*****************************************

 

 

RPGツクールMVの無料アップデートVer.1.3.1を配信いたしました。

 

更新内容は下記になります。

アップデート内容

[本体側の変更点]

WebGLマップスクロールがちらつく問題の修正

・タイルセット変更の問題を修正

WEBGL: INVALID_VALUE のエラーを修正

Androidで表示された黒い線の修正

・サウンドループの問題を修正 (NewData\audio\bgsの中身を制作中のゲームに入れ替え必要となります。)

・NoAutoshadow.js がVer1.3.1で動作しない不具合の修正

・暗号化問題の修正

・スプラッシュスクリーンスクリプトの更新

・Pixi4のベージコレクションの有効化

・場所移動連続の際のフェード色の問題修正

・スクリーンフラッシュを連続使用の際の色の問題を修正

・半透明タイルの黄色い輪郭表示の問題修正

・pixi.js を最新版に更新

 

[新規プラグイン]

・FpsSyncOption.js を追加:FPSの強制シンクをオフにできるオプションを追加するプラグイン

オフにすると強制シンクのルーチンが外され、その分負担が軽減されます

RPGツクールMV アップデートVer.1.3.0配信開始

アップデート

RPGツクールMVの無料アップデートVer.1.3.0を配信いたしました。

 

更新内容は下記になります。

アップデート内容

[新機能]

・描画ライブラリをpixi4へバージョンアップ。

・簡易素材暗号化ツールを追加。f:id:rpgtkool:20160721154230j:plain

・Steam Workshopをリリース。 (Steam版のみ使用可能)

プラグイン"MadeWithMv.js"によって、タイトルの前にオープニングクレジットが表示可能に。 ※デフォルトではON

・[ツール]の[オプション]にオブジェクトの選択を追加。

・ゲームの表示領域をコントロールできるプラグイン"ConfigureRootElement.js"を追加。

・データベースサンプル(ファンタジー用)の追加。f:id:rpgtkool:20160721154252p:plain

・イベントエディターのコンテキストメニューからテキストやHTMLをコピー可能に。

 

[バグ対応]

・iOS8でゲームが起動できなくなる不具合の修正。

・Chrome49以上でのスクロール不具合の修正。

・キャラクター生成にて後髪をモヒカンにした際、歩行倒れグラフィックに反映されていなかった不具合の修正。

Google Chrome 49以上でゲームをプレーした際、動作が重くなる不具合の修正。

・影色が表示されない箇所がある不具合の修正。

・オートタイルでタイルの角が意図しない場所で丸くなる不具合の修正。

・画像キャッシュを解消する際にメモリーが解放されない不具合の修正。

・通常テクスチャと透過テクスチャを同時に使用する際、座標がずれていた不具合の修正。

・フェイス画像 People2.png 画像のズレを修正。

RPGツクールMV アップデートVer.1.2.0配信開始

アップデート

RPGツクールMVの無料アップデートVer.1.2.0を配信いたしました。

 

更新内容は下記になります。

アップデート内容

素材管理ツール複数のファイルの一括処理が可能に
素材管理で「DLC」ボタンを追加(Steam版のみ使用可能)
イベントコマンド[ピクチャの回転]で反時計回りの機能を追加
ツール]に[オプション]を追加

・[オプション]では、透明色の設定とマップのグリッドの設定をすることができます。

f:id:rpgtkool:20160418171436j:plain

f:id:rpgtkool:20160418171354j:plain

 

・UIでダークとデフォルト等4種類のテーマが選択可能f:id:rpgtkool:20160418171231j:plain

Windows版でエディタDPIスケーリング機能を追加

WindowsのDPI設定を変更した場合に、エディタのUI表示などが自動で調整されます。

マウスホイール操作でマップの拡大縮小機能を追加

Windowsの場合)Ctrl+マウスホイール(Macの場合)Command+マウスホイール

プラグイン管理に[更新]を追加
タイルセット[B]の[通行]の左上のタイルを「☆」に固定

 

[バグ対応]

・タイルスプライトのメモリリークの修正

・Editorのヒントが複数モニタの場合の表示箇所がおかしかった問題の修正

・アニメーションのバグ修正:正しくないターゲットを隠す問題

・ペースト後に日本語入力ができなくなった問題の修正

・リソース管理の修正:ファイルが上書きできるように修正

 

[素材]

・キャラクター生成ツールにニンジャスレイヤーとのコラボ素材を追加

 「忍殺メンポ」「サンシタメンポ」の男女別素材f:id:rpgtkool:20160421103456j:plain

 

・15種類のプラグインを追加

・フェイス画像のPeople3.png修正

・一部のBGMのループ処理の不具合を修正

RPGツクールMV アップデートVer1.1.0配信開始

アップデート

RPGツクールMVの無料アップデートVer.1.1.0を配信いたしました。

 

アップデート内容

不要なファイルを削除できる【未使用ファイル削除】機能を追加

公開するパッケージの容量を節約することができる【未使用ファイル削除】機能を追加しました。
オプション【未使用ファイルを含まない】にチェックを入れてデプロイメントをすると、公開に不要なファイルを対象外にしてゲームフォルダが書き出されます。

ファイル容量が小さい素材の用意

デフォルト素材の音楽データ、グラフィックデータの一部のファイル容量を削減したものを別途ご用意いたしました。

キャラクター生成ツール用パーツの追加

132種類ものキャラクター生成ツール用パーツを新たに追加しました。
※注意:アップデートされますと、キャラクター生成のデータは上書きされます。
キャラクター生成を独自にカスタマイズされている方は、上書きでデータが消えることを防ぐために、必ずキャラクター生成データのバックアップをお願いします。

スマホタブレット用のプラグインを追加

スマホタブレットでのゲーム操作を快適にするための[タッチUIプラグイン]を追加しました。
【TouchUI】
 UIをタッチ操作に適したものに変更します。

スロットプラグインを追加

ゲーム内にスロットマシーンを実装するための【スロットプラグイン】を追加しました。
※制作の参考になるサンプルプロジェクトが入っています。

ガチャプラグインを追加

ゲーム内にガチャを実装するための【ガチャプラグイン】を追加しました。
※制作の参考になるサンプルプロジェクトが入っています。

プラグインのヘルプを追加

プラグインのヘルプを右クリックから参照できるようになりました。

編集中断の確認ダイアログを追加

イベント・データベース・プラグインマネージャを編集中に、キャンセルボタンや×ボタンを押すと終了を確認する【編集中断の確認ダイアログ】を追加しました。

【HOME】、【END】ボタンの操作を追加

イベントページの編集時に実行内容の先頭と末尾にジャンプできる【HOME】、【END】ボタンの操作を追加しました。

【合成方法】に[乗算][スクリーン]を追加

別のセルと重なった部分の色合いを調整する【合成方法】に[乗算]と[スクリーン]を追加しました。
[乗算] ・・・ 黒っぽく表示されます。
[スクリーン] ・・・ 明るく表示されます。

【レベル保持】を追加

職業を変更する時に変更前のレベルを保持できるようになりました。

[アイコンビュアー]の右クリック使用

[アイコンビュアー]が右クリックで使用できるようになりました。

【素材管理】ツールを追加

プロジェクトに含まれる素材を管理するのに便利な【素材管理】ツールを追加しました。
[フォルダリスト]
ウィンドウの左側に素材ファイルを収めるフォルダのリストが表示されます。素材ファイルを取り込むときは、ここで用途に応じたフォルダを指定します。

[ファイルリスト]
ウィンドウの右側にフォルダリストで選択したフォルダに含まれるファイルが表示されます。

[プレビュー]
[ファイルリスト]で選択したグラフィックの素材ファイルの内容を表示します。

[インポート]
プロジェクト素材ファイルを取り込みます。

[エクスポート]
プロジェクトの素材ファイルをプロジェクト外部に保存します。

[削除]
[ファイルリスト]で選択した素材ファイルをプロジェクトから削除します。

ダウンロードする

グローバルゲームジャム2016でRPGツクールMV体験版も利用可に

おしらせ

この度、2016年1月29日より開催される「グローバルゲームジャム2016」(Global Game Jam 2016 以下 GGJ2016)でRPGツクールMV(国内版)の体験版を使用した場合の特約を定めましたのでご案内します。

「グローバルゲームジャム」とは?

"ゲームジャム"の"ジャム"は音楽バンドの"ジャムセッション"のジャムと同じ由来です。つまり、何の準備も無しに演奏者が集まって行う"即興演奏"のゲーム開発版が"ゲームジャム"であり、"ゲームジャム"とは何の準備も無く開発者・クリエイターが集まり短時間でゲーム開発・完成を行う事を指します。

「グローバルゲームジャム」はその先駆的なイベントであり、同じ会場に集まった参加者同士でチームを組み(会場のオーガナイザーがチーム決めをします)、決められたテーマ(毎回抽象的なテーマが多い)に沿って48時間内にゲーム制作・発表までを行うというものです。

短時間で企画・開発・デバッグ・リリースまでをすべて行うので、ゲーム開発のすべてを一通り体験することができ、世界中のゲーム開発者がこぞって参加します。参加者はプロ・アマ問わず、またプログラマー以外にもグラフィッカー、サウンド、ゲームデザイナーなど、様々な職種・スキルを持った人たちが集まります。

前回(2015年1月)開催では世界78ヵ国の国と地域で518会場が設置され、2万8837人が参加、5438作品が制作されました。日本国内でも北海道から沖縄まで19会場が設置され、600名以上が参加者しました。まさにゲーム開発の世界的お祭りイベントと言えるでしょう。

イベントの開催情報については、運営団体が開設する専用サイトをご確認ください。

そこで今回、Windowsはもちろん、Macスマホ、そしてブラウザにも対応したRPGツクールMVが登場したことで、GGJでもより一層ご利用いただけるようにしたいという想いから、今回の特約を定めました。

下記の「グローバルゲームジャム用2016特約」をご確認ください。ぜひこの機会にRPGツクールMVの世界を体験してください!(そして気に入ったらぜひ購入してくださいね!)

 

【グローバルゲームジャム2016用特約】

「グローバルゲームジャム2016」(以下「GGJ2016」といいます)の参加者が、GGJ2016開催期間中に「RPGツクールMV 体験版」(以下「本体験版」といいます)を使用してGGJ2016国内会場でゲームを制作する 場合(以下、参加者が制作したゲームを「参加者制作物」といいます)、当該参加者は、本体験版の使用許諾契約を遵守するものとします。但し、GGJ2016開催期間中に参加者制作物が完成した場合に限り 、本体験版使用許諾契約の第4項 及び第10項 の定めに関わらず、当該参加者は、本体験版のヘルプに収録されている使用許諾契約書(製品版契約)の定めるところに従い、参加者制作物を譲渡、貸与、上映、公衆送信(ダウンロード配信することを含みます)することができるものとします。

体験版のダウンロードおよび利用規約確認はコチラからできます。なお体験版は初回起動から30日間有効です。

f:id:rpgtkool:20160104153650p:plain

よくある質問

Q.Mac用の体験版は提供されますか?
A.提供形態の都合上、体験版はWindows版のみとなります。

Q.これまでに体験版を使っていて、すでに利用可能期間が終了しているので、期間を延ばしてもらえませんか?
A.体験版は、これまで『RPGツクールMV』を使用されたことがない方に向けたサービスのため、利用可能期間の延長はできません。体験版の利用可能期間を過ぎている場合は、製品版の購入をご検討ください。

Q.製品購入・ユーザー登録済みの正規ユーザーですが、GGJ2016で制作する際の制約はありますか?
A.プロジェクトチーム内でRPGツクールMVを操作するすべてのユーザーが製品購入・ユーザー登録済みの正規ユーザーであれば何の制約もありません。プロジェクトチーム内で体験版ユーザーが参加する場合、体験版の使用許諾契約および上記のグローバルゲームジャム用2016特約が適用されます。

Q.非購入ユーザーですがデザイナーとして参加するので、RPGツクールMV体験版自体を操作しない場合は?
A.参加者が体験版を使わず素材提供のみを行う場合は、本件の許諾事項は関係ありません。ご自身が作成した素材はRPGツクールMVを操作する方にお渡しください。

Q.体験版で制作したゲームの紹介動画を制作・公開できますか?
A.ゲーム紹介動画を制作・動画サイトなどでの公開をしていただいて構いません。

Q.海外の体験版は使用できますか?
A.グローバルゲームジャム2016用特約は日本国内の体験版のみ、またGGJ2016の日本国内会場での適用事項です。

Q.GGJ2016用に公開されているゲームの動作不良は、サポートしてもらえますか?
A.『RPGツクールMV』で作成したゲームであっても、ゲームの動作についてはサポート対象ではありません。

©2016 KADOKAWA CORPORATION./YOJI OJIMA